野球

大谷翔平のサムネイル
大谷徹とバドミントン選手の母・加代子との間に二男として出生。兄はトヨタ自動車東日本硬式野球部所属の大谷龍太。さらに姉が一人いる。 地元・奥州平泉にゆかりある源義経の八艘飛び(はっそうとび)のイメージから「」と平泉の「」を合わせて父・徹が「翔平」と命名。…
355キロバイト (49,900 語) - 2024年5月18日 (土) 00:26



本日、ロサンゼルス・ドジャースの大谷翔平選手は、本拠地ロサンゼルスでのレッズ戦に「2番指名打者」で出場しました。三回には3試合ぶりとなる13号2ランを左翼に放ち、本塁打ランキングで両リーグトップに並びました1。
また、対戦成績4割1分7厘と好相性の右腕モンタスとの対戦で、第1打席は一ゴロに倒れました2。
さらに、今季13号の一発を放ち、リーグ単独トップ&両リーグ最多タイとなりました。

前日の試合は2打数無安打1四球1盗塁、打撃では振るわなかった大谷。この日は得意の右腕相手に、特大の一発を記録した。
ドジャース1点リードの3回裏、1死一塁で迎えた第2打席。大谷は相手先発フランキー・モンタス投手の初球フォーシームを振り抜くと、逆方向へ飛んだ鋭い打球は速度104.5マイル(約168.1キロ)、角度28度で左翼スタンドへ飛び込んだ。飛距離368フィート(約112メートル)の一発は今季13号本塁打に。これで、ブレーブスのマルセル・オズナ外野手を抜き去りナ・リーグ本塁打部門で単独トップに躍り出た。

「20歳の学生がお宝ボールをゲットしたとは、きっと一生の思い出になることでしょう。素晴らしいエピソードですね。」

【大谷翔平、オオタニデーで初本塁打を放つ!】の続きを読む

今永 昇太(いまなが しょうた、1993年9月1日 - )は、福岡県北九州市八幡西区出身のプロ野球選手(投手)。左投左打。MLBのシカゴ・カブスに所属。 2018年には、現役のプロ野球選手として初めて北九州市特命大使(スポーツ)を委嘱されている。 永犬丸西小学校時代にソフトボールを始めると、北九州…
69キロバイト (8,782 語) - 2024年5月4日 (土) 14:06



米大リーグ、カブスの今永昇太投手は13日(日本時間14日)、敵地アトランタで行われたブレーブス戦に先発登板し5回を被安打7本、8奪三振で無失点。再び防御率を0点台(0.96)に下げ降板。
勝敗はつかなかった。デビューからの8試合で先発投手が残した防御率としては、1912年に自責点が公式記録となって以来カブス史上最高だと米国の記者が指摘するなど、記録ラッシュとなりました。

今永は今季8試合目の先発で、ナ・リーグ東地区でフィリーズと首位争いを続けるブレーブスとの対戦は初めて。初回先頭のアクーニャJr.を四球で出塁させるも、1死後けん制で刺し難を逃れた。2回を除き毎回走者を背負ったものの、決定打を許さずスコアボードにゼロを並べた。5回にもこの試合2つ目のけん制を成功させました。

開幕から防御率0点台を続けてきたが、7日(同8日)のパドレス戦で自身初めての8回のマウンドに立ったとたん2失点。7回0/3を2失点で1.08へと“悪化”させていた。この日4回を投げ終えたところで再び0点台の0.99とし、最後は0.96にまで下げた。

MLB公式のサラ・ラングス記者は自身のX(旧ツイッター)で「シーズン開幕から最初の8先発で最も低いカブス投手の防御率、ナ・リーグで自責が公式記録になってから(1912年)」という記録を紹介1918年のフィル・ダグラス(0.95)がトップで、今永は2位だとした。


素晴らしい投球を見せてくれた今永昇太選手、本当に感動しました。これからも期待しています!

【今永昇太、再び防御率0点台!ブレーブス相手に5回無失点の好投!】の続きを読む

今永 昇太(いまなが しょうた、1993年9月1日 - )は、福岡県北九州市八幡西区出身のプロ野球選手(投手)。左投左打。MLBのシカゴ・カブスに所属。 2018年には、現役のプロ野球選手として初めて北九州市特命大使(スポーツ)を委嘱されている。 永犬丸西小学校時代にソフトボールを始めると、北九州…
69キロバイト (8,782 語) - 2024年5月4日 (土) 14:06



7日(日本時間8日)MLB カブス3―2パドレス(シカゴ)

 カブスの今永昇太投手(30)は地元のパドレス戦に先発。メジャー自己最多の102球を投げ、8奪三振など7回3分の0を7安打2失点、1四球と好投したが勝敗は付かず、自身6連勝はなりませんでした。。

 今永が8回のマウンドに上がったのは、メジャー7試合目の登板で初めて。
無死一塁からプロファーに投じた真ん中低めのボール球、135キロの宝刀スプリットをすくい上げられた打球は、無情にも左中間フェンスを越える逆転2ランを浴びました。それでも、カブスはブッシュのサヨナラ7号ソロで劇的な逆転勝利を収め、今永のメジャー初黒星は回避。
 米野球データアナリストのサラ・ラングスさんによれば、今永の「デビューから先発7試合で防御率1・08&5四球」は、防御率が両リーグで公式記録となった1913年以降の大リーグで史上初の快挙だった。

 また、「開幕から先発7試合で防御率1・15以下&5四球以下」も、ナ・リーグで防御率が公式記録になった1912年以降、カブス投手でわずか4人目。他の3人は1920年グローバー・アレクサンダー、52年ウォーレン・ハッカー、2015年ジェイク・アリエッタ。

今永投手、素晴らしい投球を見せてくれましたが、最後の2ラン被弾が残念でしたね。

【今永昇太、メジャー史上初の快挙!”デビュー先発7試合で防御率1・08”!】の続きを読む

大谷徹とバドミントン選手の母・加代子との間に二男として出生。兄はトヨタ自動車東日本硬式野球部所属の大谷龍太。さらに姉が一人いる。 地元・奥州平泉にゆかりある源義経の八艘飛び(はっそうとび)のイメージから「」と平泉の「」を合わせて父・徹が「翔平」と命名。…
352キロバイト (49,491 語) - 2024年5月5日 (日) 16:22



ナ・リーグ ドジャース5-1ブレーブス(2024年5月5日 ロサンゼルス)

 ドジャースの大谷翔平投手(29)が5日(日本時間6日)、本拠ドジャースタジアムでのブレーブス戦に「2番・DH」で先発出場。
今季初の1試合2本塁打を含む4打数4安打3打点と大暴れし、チームの勝利に貢献した。

 初回無死一塁の第1打席で相手先発左腕・フリードのカーブを捉え、9号の先制2ラン。ブレーブス・オズナに並んでリーグトップタイに立った。

 3回2死の第2打席で左前打を放つと、6回の第3打席は中前打で2試合連続となる3安打をマークした。
 7回にオズナが10号ソロを放ち、本塁打王争いで再び単独トップに。ただ、それから約30分後、8回の第4打席で大谷が10号ソロ。継投したばかりの相手2番手・ミンターの初球を完璧に捉え、今季最長飛距離となる464フィート(約141・4メートル)の特大アーチを突き刺した。

オズーナとの本塁打王争いがますます白熱してきましたね。大谷翔平の打撃力には驚かされます。

【大谷翔平、1試合2発!10号特大141m弾を自画自賛!】の続きを読む

大谷徹とバドミントン選手の母・加代子との間に二男として出生。兄はトヨタ自動車東日本硬式野球部所属の大谷龍太。さらに姉が一人いる。 地元・奥州平泉にゆかりある源義経の八艘飛び(はっそうとび)のイメージから「」と平泉の「」を合わせて父・徹が「翔平」と命名。…
352キロバイト (49,491 語) - 2024年5月5日 (日) 16:22



米大リーグ・ドジャースの大谷翔平は5日(日本時間6日)、本拠地ロサンゼルスでのブレーブス戦に2番指名打者で出場し、一回に2試合連続の本塁打となる先制の9号2ランをバックスクリーンにたたき込んだ。この時点のナ・リーグ本塁打ランキングで、オスナ(ブレーブス)に並んでトップに立った。

 左腕フリードの内角高めのカーブをとらえた。打球がフェンスを越えたのを見た大谷は右腕を突き上げて、力強くガッツポーズした。打球速度は104・3マイル(約167・9キロ)で、飛距離は412フィート(約125・6メートル)を記録した。

大谷翔平のバットが火を噴く姿は、まさに圧巻です。これからも彼の活躍が楽しみで仕方ありません。

【大谷翔平、リーグトップタイの9号2ラン!】の続きを読む

このページのトップヘ