ランドクルーザー(英字表記:LAND CRUISER、英称:Toyota Land Cruiser)は、トヨタ自動車が1951年(昭和26年)から製造・販売するクロスカントリー車である。日本では「ランクル」の愛称が広く通用する。 ランドクルーザーは世界的に有名なクロスカントリー車のひとつであり、そ…
159キロバイト (20,991 語) - 2024年4月13日 (土) 12:23



今回発売された新型ランドクルーザー250(以下ランクル250)は、ユーザーが「自分だけの1台」にカスタマイズ出来るパーツを多数用意されているようです。
トヨタ純正パーツやモデリスタパーツに加え、「ジャオス」と「トイファクトリー」のパーツもラインナップ。
昨今の車中泊需要に対応する専用ベッドキットもあり、大人2名が就寝可能なセミダブルサイズです。
専用ベッドキットには「トヨタ車両販売店限定モデル」と「トイファクトリーオリジナルモデル」の2つが用意されています。
ベッドマットの生地などが異なるものの、4枚構成のマット(厚み50mm)とフレームが含まれるキットの基本構成は共通です。
トヨタ車両販売店限定モデルは、マット生地に汚れや水に強いフェイクレザー製を採用し、純正シートと調和するカラーリングのブラックとブラウンの2色。
さらに「LAND CRUISERロゴ刺繍」をあしらった限定仕様となっており、一部のトヨタ販売店で購入できます。
一方のトイファクトリーオリジナルモデルはトイファクトリーが展開するキャンピングカーに採用される優れた強度を持った生地「プレミアムスエード」となり、3色(ブラック、グレー、グリーン)展開。
サイズは共に、長さ1760mm×幅1105mm-1395mmとなり、マット下スペースは120mmから200mm確保されるため、荷物を収納した状態でも就寝することができるそうです。
使い方は、2列目・3列目を倒して、フレーム+マットを設置する方法か、2列目の片側を起こした状態でマットを設置することできる他、2列目のマットはフレーム下に収納することが可能です。
今回、展示されたのはトヨタ車両販売店限定モデルとなり、シートと同じブラウンの物となり、質感の良さを感じます。
その他には、「ルーフラック(フラットタイプ)」や「フロントバンパーガード(LED 付)」「JAOS フェンダーガーニッシュ type-X(出幅9mm以内)」「サイドステップ ブラック」「マッドガードIII」などのジャオス製品も装着されていました。


ランクル250の車中泊仕様、とても興味深いですね!大人2人が余裕で寝られるベッドキットが登場するとは驚きです。これで快適なキャンプや旅行が楽しめそうですね。